地盤について   

いつもお世話になっております。
今日は、皆様が1番心配されている地盤についてお話したいと思います。

地盤は、基礎の性能に地盤を取り入れた基準や規定ができないので、
性能評価という言葉はあまり使われる事がありません。
地盤状況を考慮しないで、基礎の設計・施工を行なったために障害が生じた場合は、
基礎の瑕疵として品確法の適用対象となるが、地盤は免責の対象となります。
地盤については、必要な地耐力を求めるに留まっており、
調査法・設計法などは規定されていません。


<適用建築物>
地盤調査および地盤補強工事の対象とする建物の規模は、
建物高さ13.0m以下、軒高9.0m以下、
設計基礎接地圧は布基礎の場合50KN/㎡以下、
ベタ基礎の場合30KN/㎡以下とする。

<荷重>
建物の荷重は建物の種類や構造及び、基礎・屋根・外壁などで変わるため、
設計に用いる荷重は、設計者の指示により、
その他の荷重として積雪荷重など適切に評価する。

<概算荷重>
概算荷重は、総荷重を建築面積で除した値(単位面積当たり)の事です。
概算建物荷重W(KN)は、
(A)-平屋概算荷重10~12KN/㎡
(B)2階建て12~15KN/㎡
(C)3階建て15~18KN/㎡
(D)ロフト等1KN/㎡
(E)屋上利用有り2KN/㎡
概算建物荷重W(KN)は、平屋(A)+ロフト(D)+屋上(E)×1階床面積として算出する。

一般的な仕様による戸建住宅等の上部構造荷重の目安値 上部構造荷重
(1)一般地域の平屋KN/㎡
(2)一般地域の2階建KN/㎡
(3)一般地域の3階建多雪地域2階建10KN/㎡
(4)多雪区域の3階建12KN/㎡

一般的な木造などの住宅の基礎まで含めた建築面積当たりの荷重
1階建KN/㎡
2階建10KN/㎡
3階建14KN/㎡  という目安になっています。

<積雪荷重>
積雪荷重は、積雪の単位荷重に屋根の水平投影面積、
及びその地方における垂直積雪量を乗じて計算する。
積雪荷重=Y:積雪量1cmごと 1㎡当たりの単位荷重(KN/cm/㎡)×h:積雪量(cm)

<盛土荷重>
土の単位体積重量は、粘性土で16KN/m3程度、
砂質土では18KN/m3程度が一般的となっており、
新たに1m盛土した場合、建物荷重を超える荷重となり、
不同沈下を起こす大きな原因となっています。
盛土による地盤の沈下は、盛土地神の収縮や盛土下位
地盤の圧密沈下によるものがあります。
圧密時間については、既住の文献を参考にして推定する方法があります。
盛土後の放置期間が5年~10粘以上経過していれば、
荷重として考慮しなくても良い。
しかし、盛土して間もない場合など、放置期間が十分とれない場合は、
設計に用いる荷重として考慮する必要があります。
[PR]

# by earnest32 | 2010-06-29 17:29

顧客満足   

おはようございます。
帯広も26℃と晴れた日が続き、そろそろ雨が欲しいですね。
アーニスト農園も、インカのめざめ・大根・白菜・そら豆・アスパラの芽が出てきました。
今年は、色々な野菜を植えたので、自然の恵みをいただけると思うと楽しみで仕方がありません。
d0166224_8403756.jpg

d0166224_840291.jpg
d0166224_8401058.jpg



私共は、お客様に満足していただくために、最善の努力を尽くしておりますが、
残念ながら、当社でマイホームを建てていただいたお客様全員に、
100%満足していただけているとは、思っておりません。
お客様に満足ししていただく事が企業の使命であり、目的です。
建て主様に、より良いサービスを提供し、社会に貢献できてこそ、
企業が存在することができるのだと思います。
建て主様は家を買うのではなく、家がもたらす暮らしや、
暮らしの豊かさ・楽しさがもたらす満足を買うのです。
お客様が求める満足は、お客様によって異なります。
私共が考える価値と、建て主様が求めている満足のギャップを最小限にする事が目標です。
言葉にする事は簡単ですが、実行するにはなかなか難しく、
建て主様と施工業者の心を繋げるには、どうしたら良いのか・・・日々考えております。

何かご意見等ありましたら、ぜひ、お寄せ下さい。
[PR]

# by earnest32 | 2010-06-15 09:17

長期優良住宅について   

お疲れ様です。

長期優良住宅について、僕の疑問!!

2009年度は、建築業者1社あたり25棟程度の枠がありましたが、
2010年度になると1社あたり5棟に減少しました。
私共も勉強をして、書類・図面を作成する事が出来るようになった矢先の事で、
この統一されていない政策に疑問を感じています。
Co2を25%カットという世界公約を考えると、住宅のCo2を減らすしかありません。
長期優良住宅は、建て主様には非常に良いメリットがあります。
これから家を建てようとお考えの方は、ぜひ声をあげてください。
住宅産業は、自動産業よりすその広い業界です。
ここが良くなれば、国全体が潤うと思いませんか。

話は変わりますが、先日、新建ハウジング様のアンケート調査を目にしました。

『家づくりの失敗撲滅プロジェクト』
1.吹き抜け採用者の20%が、あまり良くなかったと回答。
2.浴室乾燥機は、便利だがパワー不足。印象も、採用者の23%が良くないと回答。
3.無垢フローリング、合板にない自然の感触に評価。わずらわしさに不満も。
  採用してみたが、あまり良くなかったが29%。
4.床暖房、非採用者の中で「採用しておけば」と言う声が多かった。
  採用してみたが、あまり良くなかったが3.3%。
5.造り付け家具収納をもっと作れば良かったと、反省の声が目立つ。
  採用してみたが、あまり良くなかったが8.8%。
6.ウッドデッキライフスタイルが評価に影響。
  外遊びが好きなので採用したが、あまり良くなかった。
7.太陽光発電、採用者の93%が高く評価。「発電量足りない」との声も。
  採用してみたが、あまり良くなかったが0.8%。


このような結果になっています。
ぜひ、考え方の参考にして下さい。
[PR]

# by earnest32 | 2010-05-25 09:09

必要な企業になるには?   

お疲れ様です。
最近なぜか寒いですね!!


今日は『必要な企業になるには何が必要?』について考えましょう。

お客様の視点に立ち、満足していただくことが企業の使命であり、
建て主様の求めることを理解し、価値観を一致させ、
造り側に何を求めているのか、これらをヒアリングすることで、
求める価値を理解できると思っています。
特に住宅は見えない商品を高額で販売しています。
その上、統一された基準もありません。価値の見比べが難しいのです。
仕事の質が非常に違います。
公共の検査は、法の基準であり、質の検査ではありません。
1番重要なのは、建て主様に満足していただく事です。
業者が考える価値・満足度と、建て主様の満足度のギャップがあると、
なかなか理想のマイホームを造る事ができません。
また、住宅性能保証制度ができましたが、お客様が満足する制度には、ほど遠いと思います。
これからマイホームを建てられる方に必要とされるには、知識や提案力があり、
真面目で誠実あると共に、マナーの良さ、資金計画がしっかりとしている事が大切となってきます。
社会に必要とされ、貢献できる企業になるために、
社会資本である家を点検・メンテナンスをし、オーナー様と良い関係を築き、
家を守り、次の世代に繋げる企業になりたいと思います。

近日、私共の会社のオーナーの集まりの会(アーニストオーナーズクラブ)があります。
オーナー様と遠くなりがちな関係を近くしたいと思い、会をつくりました。
それでも、何分届かない所がありまして、お叱りの声もいただきます。
一棟一棟手造りな商品なため、完璧にはいかないところはありますが、
私共は、業者と協力の中で、より満足していただけるように、努力しています。

アーニストオーナーズクラブでは、
5月23日(日)に春のイベント「畑仕事をして焼肉を食べよう!」を企画しています。
当社で建てたが、会員に入会していない方で、ぜひ参加をしたいという方は、
ご連絡頂ければ参加できますので、お知らせ下さい。

畑の方は、4反と広くなり、トラクターを揃え、人力で行なわなくても済むようになりました。
今年は、インカのめざめ等といった野菜を植えようと思っております。
畑仕事が好きな方は、ぜひ一緒に作業しませんか?
お待ちしております。
[PR]

# by earnest32 | 2010-05-12 08:56

エコポイントについて   

お疲れ様です。

今年の帯広は寒いですね!
私が30年前に愛知から帰ってきた年も、
ゴールデンウィークに雪が降っていたような気がします。
十勝は、農業大国なので、天候が悪い日が続き、心配しています。
明日は晴天になりますように!!
4月29日、帯広では雪が10cmほど降りましたが、
仕事で釧路へ行ったところ、風が強く海は荒れていました。

さて、今日はエコポイントについてのお話をしたいと思います。
2009年12月8日に閣議で決定されました。
落ち込みが続く新設住宅着工や、まだ普及が進まないエコリフォームの需要喚起に繋げ、
景気回復と地球温暖化対策のための制度です。
国費1,000億円計上され、住宅向け助成制度としては、最大規模です。
条件は、木造住宅で次世代省エネ基準をクリアしている事です。

<外壁>
グラスウールの場合: 100mmの熱抵抗値   0.1÷0.028=3.57
ロックウールの場合: 105mmの熱抵抗値   0.105÷0.039=2.69
上記の断熱材に加え・・・押出し発泡保温板BⅡ 0.025÷0.034=0.73

                                       小計:4.3 3.4  
                                        3.3より上回っていればOK

<天井>
ロックウールの場合: 400mmの熱抵抗値  0.4÷0.040=10
                                       小計:10
                                        5.7より上回っていればOK

<土間床>
0.075÷0.040=1.875
0.05÷0.026=1.92                        小計:3.7
                                        3.5より上回っていればOK


発行ポイント数は、規模・工法によらず、1戸あたり30万ポイントです。
実施期間は、2010年12月31日までに開始した工事ですが、予算がなくなると終了になります。
エコポイント対象住宅証明書が必要となるので、手数料は3~5万円ほどかかります。
ぜひ、ご利用して工事代金にしてください。


そろそろアーニスト農園が始まります。また当分、農作業をして体が痛くなる事でしょう・・・
[PR]

# by earnest32 | 2010-05-06 10:34